作業員の後ろ姿

入居時のような状態にすることを原状復帰という

気持ちよく引っ越すために

部屋

現状回復とは、引っ越しをする時に借りた側が部屋を綺麗な状態に戻すことを言います。当初の状態にする必要はなく、経年劣化等を考慮した上でどの程度まで戻すかが決まります。トラブルを回避するために、入居時に部屋の様子を写真に記録しておくと良いでしょう。

入居者退去時にすること

ヘルメットを持つ人

賃貸マンションで入居者が退去した際は、現状復帰を行います。その際のリフォーム費用を節約するためには、複数の業者に見積もりを依頼して少しでも金額が安い業者を選択するのが効果的です。また、賃貸管理を自主管理する場合は室内設備の状況をきちんと把握し、定期的に交換やメンテナンスを行う必要があります。

貸事務所を退去する時に

男女

契約期間内に工事を終える

貸事務所やテナントを退去する場合、契約期間内に原状復帰工事をする必要があります。つまり借りた時と同じ状態にして、オーナーに返さなくてはいけないのです。原状復帰工事が契約期間内に終わらないと、工事期間中の賃貸料が発生します。原状復帰工事の主な内容としては壁紙やカーペットの張り替えや、クリーニング、電球の交換などがありますが、どのくらいきれいにして返せば良いかはオーナーの判断で決まることがほとんどです。その為余計な費用を負担しなくても良いように、あらかじめどこを修復するかをよく話しあっておいた方が良いでしょう。原状復帰にかかる費用を抑える為には安く工事を行ってくれる業者に頼んだり、原状復帰コンサルタントに依頼してオーナーと交渉してもらうという方法もあります。

費用が安くなる

原状復帰工事はオーナーが決めた業者で行わなくてはいけないと、賃貸契約で決めている場合もあります。そういった場合も交渉しだいで自分で業者選定できることもあります。当事者同士で交渉するともめる事がある為、公平な第三者に入ってもらった方が良い場合もあります。また契約の段階で、退去時の事も考えておくことは大切です。自分で業者を選定する場合には、同じ工事内容でも業者によって費用に大きな差がある為、必ず見積もりをしてもらってから選んだ方が良いでしょう。見積もりは無料で出来ます。広さに応じて費用を決めている業者もあり、かかる費用が明快でわかりやすいので人気があります。値段だけではなく、どうしてこういった費用がかかるかもしっかり説明してくれるところを選ぶ事が大切です。

新しい住まい探し

集合住宅

賃貸のアパートやマンションに住んでいると、退去の際に原状回復をしなければなりません。しかし、いきなり高額な原状回復費用を言われることがないように、まず入居の際に敷金として預けておくことで、原状回復が必要になった時でも安心して修繕できるのです。