女の人

入居時のような状態にすることを原状復帰という

入居者退去時にすること

ヘルメットを持つ人

リフォーム費用を節約する

賃貸マンションで入居者が抜けた場合、再度賃貸募集をする為に室内を綺麗に現状復帰を行います。現状復帰とは元に戻すと言う意味合いで、入居者が住む前の状態にすることを指しており、基本的には入居者が故意で壊したり汚した部分以外は所有者の負担でリフォームを行います。また、現状復帰の費用については付帯設備の経過年数や入居者の使用状況によってリフォーム内容は大きく変わりますが、費用を安くするためのポイントがあります。それは、リフォーム費用の見積もりを複数の業者に依頼する事です。リフォーム費用の見積もりは、壁紙の張り替えやフローリングの張り替えなどの項目毎に分かれて作成されますが、素人が見ても高いか安いかの判断は難しい為、複数の業者に見積もりを依頼することにより、少しでも安い業者を選択する事が出来ます。

室内設備の状況を把握する

入居者退去時の現状復帰の度に、大きなリフォームを行ってしまうと賃貸経営として収支が合わなくなってしまいます。当然、壊れてしまったり汚れてしまった設備は交換や修理をしなければなりませんが、壊れそうな設備は事前に交換しておかなければ、入居者が居住中に交換や修理の依頼をすると納期や作業時間に制限がかかり必要以上に費用が掛かる可能性もあります。そのため、賃貸経営について知識や経験があまりない人は不動産会社に賃貸管理を任せてよく相談するとよいです。また、賃貸管理を自主管理する場合は室内の設備の状況や前回の交換時期を記録し、室内設備の状況を把握する必要があります。そして、設備によって大方の寿命がありますので、設備の交換やメンテナンスを定期的に行うことで、余計な費用の発生を防ぐことが出来ます。